【東京オートサロン2018】イタリアのスーパーカー・パガーニがニューモデルをサプライズ発表!

1月12日(金)〜14日(日)に開催された「東京オートサロン2018」。初日に日本初のコレクタブルカーオークション「東京オートサロン・オークション with BH Auction」が開催れました。

その開催前に、オークションを指揮する株式会社BHJのパートナーであるカーディーラー「BINGO SPORTS(ビンゴスポーツ)」から、同社が正規輸入しているスーパーカーメーカー・パガーニ社のニューモデルの日本初公開と、アジア初のパガーニ正規ディーラーのオープンの発表が行われました。

発表の場には、パガーニ社の代表であるオラチオ・パガーニ氏とBHJ株式会社とビンゴスポーツ、そして「パガーニ・ジャパン」代表CEO・武井真司氏が登場。

2人の前に黒いベールが掛けられた1台のクルマ。

ベールから出てきたのは、日本初公開となる「ウアイラ・ロードスター」です。

パガーニ社が「ゾンダ」の後継モデルとして2011年にウアイラを発表し、クーペモデルを100台限定生産しました。いくつかの特別モデルを経て、2016年にハイパフォーマンスモデルの「ウアイラBC」(TWSブースにて展示)を20台限定生産し、瞬く間に完売(20台全てを納車するには3〜4年かかる)。

そして今回発表されたウアイラ・ロードスターは、BCを超えるモデルとなります。

クーペとロードスターを比較すると、多くの車種ではロードスター仕様がやや重量が増します。しかしこのウアイラ・ロードスターは1280kgと、クーペより70kgも軽量となっています(最軽量はウアイラBCの1210kg)。これは、ゾンダの限定モデルから採用された「カーボン・チタニウム」で軽量かつ高剛性を実現しています。

駆動系は、AMGが専用開発した6.0L V12ツインターボエンジンが760馬力&1100Nmのトルクを発生、トランスミッションはレースで実績を持つXトラック製7速AMTを搭載しています。

価格は約3億円(昨年のジュネーブショー発表時)。生産台数は100台ですが、既に完売しているようです。パガーニは2016年に新工場をオープンしましたが、少数生産なのは変わらず、2010年に「生産終了」しているゾンダのワンオフモデルがまだ製作中(らしい)のでオーナーは気長に待つ必要があります。

今回展示された個体は、1月14日から永田町にオープンした「パガーニ・東京ショールーム」にて展示されています。

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事