【東京オートサロン2018】新型シビックタイプRに負けない!? あの『ロケットバニー』ブランド代表のド迫力EG6

EG6型シビックは今から27年前の1991年に発表された車輌ですが、ここに紹介するカスタム車両は時代の流れを感じさせないところか最先端のにおいがプンプンします。

それもそのはずこのシビックSiRIIの出展者はTRA京都。そう、世界中で巨大オバフェンブームを作った『ロケットバニー』ブランドを持つメーカーなんです。

ただし今回のシビックに装着されているのはオバフェンではなくブリスターフェンダーの『パンデム』ブランドのもの。

聞けばこの車両、同社代表の三浦氏所有で、ヒルクライム競技に参戦するために作成しているそうです。

エンジンはトラストターボキットで過給され、前後には当社オリジナルの車高調が組まれます。内装はすべてはがされた上でロールケージが組まれました。ウィンドウはフロントを除いてすべてアクリル製に交換されました。

また、どこからどう見ても競技専用モデルに見える同車ですが、段差を乗り越える時だけに使うミニエアサスである『ロベルタカップ』も装着されています。聞けばオーナーの三浦さんはこれで普段乗りも考えているとのこと……え、これで!?

(写真・文・動画/ウナ丼)

【関連リンク】

TRA京都
https://trakyoto.japan-onlinestores.com/language/ja

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事