【東京オートサロン2018】CX-8もいいけれど、マツダブースの主役はやはりロードスター!

東京オートサロンで例年、とくにブースが賑わうことでお馴染みのマツダブース。


今回のショーでメインステージに展示されたのは昨年発売されたCX-8で、小型スポーツボートを積載する最大重量750kgの牽引装置、トレーラーヒッチが組み合わされての展示となっています。

その他、CX-3などのカスタムカーが展示される中、やはり観客が注目していたのはロードスターでした。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事