【東京オートサロン2018】CX-8もいいけれど、マツダブースの主役はやはりロードスター!

東京オートサロンで例年、とくにブースが賑わうことでお馴染みのマツダブース。


今回のショーでメインステージに展示されたのは昨年発売されたCX-8で、小型スポーツボートを積載する最大重量750kgの牽引装置、トレーラーヒッチが組み合わされての展示となっています。

その他、CX-3などのカスタムカーが展示される中、やはり観客が注目していたのはロードスターでした。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ほんの少しの手直しで公道OK。JUNが出展した1500馬力オーバーのチューンドR35
【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事