【東京オートサロン2018】お客様との絆を大切にするマツダイズム!3分で分かるTAS・メーカー編:マツダ

出展している自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介!時間のない人、気の短い人に最適?!

西館ホール1の右奥にマツダのブースがあります。このブースの注目点は、12月に発売となった3列シートの新型クロスオーバー「CX-8」をはじめ、「CX-5」「CX-3」「ロードスター」をベースに、カスタマイズを施した「CUSTOM STYLE 2018」仕様が展示されている点です。

壇上には、小型のボートをけん引するCX-8が鎮座。オプションで選べるというヒッチメンバーをアピールしています。ヒッチメンバーとは、トレーラーハウスや小型ボートなどを牽引する際にトレーラーをつなげるフックのこと。

エンジンは、アテンザ、アクセラなどにも搭載されてきたクリーンディーゼルエンジンと同じ2200㏄ながら、新開発のエンジンを搭載しています。最大トルクも向上し全域で力強くフラットな特性を得ており、オプションのヒッチメンバーを取り付け、このような牽引能力のアピールができる裏付けとなっています。

続いては、ロードスター RF CUSTOM STYLE 2018。フロントアンダースカート、リアスポイラー、サイドアンダースカート、リアアンダースカートといった各種エアロパーツを装着し、車高調整式サスペンションでローダウン。赤みが入ったオレンジ色のボディカラーがマッチしており、小さいながらも存在感にあふれるスタイルを醸し出しています。

また右奥へ進むと、レストア作業中の初代NAロードスターのホワイトボディが展示されています。このレストアサービスについてマツダは、「クルマを愛してやまない人たちと共に、クルマ文化の育成に挑戦します」というテーマのもと、お客様との絆を守り続けるため、純正パーツの供給を続けていくそうです。

どのメーカーも、お客様との絆は大切なものであり、強固にしていきたいもの。きちんと見える形で我々に示してくれたマツダの心意気は、とてもうれしいものです。

CX-3、CX5ときて、CX-8にて完成されたマツダのSUV。次にマツダが打ってくる作戦が待ち遠しいですね。

(文/写真:吉川賢一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ほんの少しの手直しで公道OK。JUNが出展した1500馬力オーバーのチューンドR35
【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事