【東京オートサロン2018】トーヨータイヤのブースにケン・ブロックのマスタングが降臨

もしかしたら、今回のオートサロンでもっとも注目と言えるマシンが、トーヨータイヤのブース(西ホール1)にあるこれかもしれない。

このマスタングを見てピンと来た人も多いはず。そう、世界的なドリフトのカリスマであるケン・ブロックの愛車なのだ。

「Hoonicorn RTR Version2」と名付けられたこのマシンは、1965年型のフォードマスタングをベースにドリフト用に大改造したもの。エンジンはなんとNASCAR用の6.7L V8をベースにツインターボを装着。メタノールを燃料(NASCAR用エンジンだけにね)とし、なんと1400馬力をたたき出すんだとか。凄いね。

ドリフトと言えばクルマはやっぱり後輪駆動。なのだけれど、驚いたのはこのマシンはドリフト用にもかかわらず後輪駆動ではないってこと。なんと、4WDなのだ。

彼の動画で走りを見ていて、挙動から4WDなんだろうなとは思っていたけれど、フロントタイヤの奥をのぞき込んでみたらちゃーんとありましたよ、ドライブシャフトが。こうやって気になる部分が実際に確認できるのも実車展示ならではですね。見られてよかった!

(工藤貴宏)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事