【東京オートサロン2018】トーヨータイヤのブースにケン・ブロックのマスタングが降臨

もしかしたら、今回のオートサロンでもっとも注目と言えるマシンが、トーヨータイヤのブース(西ホール1)にあるこれかもしれない。

このマスタングを見てピンと来た人も多いはず。そう、世界的なドリフトのカリスマであるケン・ブロックの愛車なのだ。

「Hoonicorn RTR Version2」と名付けられたこのマシンは、1965年型のフォードマスタングをベースにドリフト用に大改造したもの。エンジンはなんとNASCAR用の6.7L V8をベースにツインターボを装着。メタノールを燃料(NASCAR用エンジンだけにね)とし、なんと1400馬力をたたき出すんだとか。凄いね。

ドリフトと言えばクルマはやっぱり後輪駆動。なのだけれど、驚いたのはこのマシンはドリフト用にもかかわらず後輪駆動ではないってこと。なんと、4WDなのだ。

彼の動画で走りを見ていて、挙動から4WDなんだろうなとは思っていたけれど、フロントタイヤの奥をのぞき込んでみたらちゃーんとありましたよ、ドライブシャフトが。こうやって気になる部分が実際に確認できるのも実車展示ならではですね。見られてよかった!

(工藤貴宏)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ほんの少しの手直しで公道OK。JUNが出展した1500馬力オーバーのチューンドR35
【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事