【東京オートサロン2018】タイヤ交換は車両左側!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル

せっかく東京オートサロンに行ったなら、無駄なく、効率よく見て回りたいものですよね。そこで、各社のブースの見どころを、超手短に紹介します!

会場に入り、左奥にある東館ホール7・8に、スバルのブースがあります。このスバルブースにいってまず目を引くのは、壇上のコンセプトカー、スバルVIZIVパフォーマンスSTIコンセプトです。

2017年の東京モーターショーへも登場していたこのコンセプトカー(前回はVIZIVパフォーマンスコンセプトとして出展)に加え、STIが持つレーシング技術を織り込んだ仕様とのこと。

おそらくこのスタイルが、次期型のスポーツセダンのデザインコンセプトにもなっていると推測しできます。

フロント、サイド、リアのスポイラーにはレッドラインが入り、より精粋に、スポーティに見せており、クルマから漂うオーラは既にただモノではありません。

さらにステージ上のイベントでは、スーパーGTのSUBARU BRZのドライバーの井口選手と、チーフメカニックの宍戸克幸氏によるトークショーも開催。会場内で、GTマシンのタイヤ交換の実演があります。


タイヤ交換は車両の左側のみしか行いませんので、スバルメカニックのタイヤ交換を生で見たいならば、トークショー前から良い場所にスタンバイしておくことをお薦めします。

ちなみに、1990年代のレガシーとインプレッサのラリーカーも間近に展示されていました。レトロな部分も見せてくれたスバルブースは必見です。


(文/写真:吉川賢一)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事