【東京オートサロン2018】マッチが太鼓判!「ミニバンのなかで顔つきが一番男らしい」エルグランド・ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム登場

外観だけでなくインテリアもラグジュアリー感が満載。

シートはGT-Rのカラーと同じ「プレミアムタンレザーシート」が採用されるなどスポーティな味つけにもこだわられています。

プレスカンファレンスには、同車をデザインしたオーテックジャパン・デザイン部の有田翔さん(写真右)と、KONDO Racing監督でエルグランドのオーナーでもある近藤真彦さん(写真左)が登場。

内外装ともに白色のエルグランドを所有するという近藤さんは「エルグランドは乗った瞬間、運転してやるぞという気分になるクルマ。顔つきが、数あるミニバンのなかで一番男らしいところが気に入っています」とコメント。

展示車については「とても気になる一台ですね。いくらですか?(笑)」と、ブラックで仕立てられより男らしくなったハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムを大いに気に入った述べています。

今回登場したハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムは、スポーツカー好きだけど、ミニバンも気になる…という、欲張りなクルマ好きが気に入りそうな一台です。

(テヅカ・ツヨシ)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事