【東京オートサロン2018】「ハイブリッドなし」のNSXがホンダブースに登場!?

全日本GT選手権の2018年参戦体制が発表され、ジェンソン・バトン(チ-ム・クニミツより参戦)をはじめ5チームの全ドライバーが一堂に揃った、東京オートサロン2018のホンダブース。

そんなホンダブースのメインステージ上には、ボクらが目にする「普通のNSX」とは違うオーラを持ったNSXが置かれている。

なんと、このNSXは通常モデルに比べて500kg以上の軽量化を施したスペシャル仕様。車両重量は1300㎏を切る1240㎏で、現代の解釈でいえば「ライトウェイト」といえる状況だ。軽量化のためにボディパネルはアルミではなくカーボンとなり、メカニズムは自慢のハイブリッドシステムやSH-AWD(4WD)システムまで外されているのだから驚きだ。

しかも参考出品でもなかればコンセプトカーでもない「市販車」というからビックリである。

ただし、結論からいうとこのNSXは普通の人は購入できない。なぜなら「NSX GT3」というレース専用モデルだからだ。

「GT3」というレースの車両規定に基づいた設計が施されていて、レース参加者はこの車両を購入することでレースに参加が可能という「市販レース車」なのである。

徹底的な軽量化が施されている一方で、エンジンはノーマルの部品が多く使われているとのこと。価格は日本円にして約6000万円だ。

誰ですか、この仕様をベースに公道仕様の「NSX Type R」を作ってほしいなんて言っているのは?

(工藤貴宏)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ほんの少しの手直しで公道OK。JUNが出展した1500馬力オーバーのチューンドR35
【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事