【新車】スズキ・ハスラーに安全装備を充実化させた2トーンカラーの特別仕様車「FリミテッドⅡ」を設定

スズキのスマッシュヒットといえる軽自動車のハスラーに特別仕様車の「FリミテッドⅡ」が設定され、12月4日から発売されました。注目は特別仕様車らしく充実した装備で、安全装備では「スズキ セーフティ サポート」として、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能を搭載。

さらに、デュアルカメラブレーキサポートや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能がメーカーオプションで設定され、全方位モニター用カメラパッケージもセットで選択できます。

外観では、ハスラー初の「スチールシルバー2トーンルーフ」やボディカラー同色のフロント、リヤバンパーガーニッシュにより、アクティブでカジュアルなムードを演出。

ほかにも、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用することで装備を充実。

ボディカラーは、全車に先述した「スチールシルバー2トーンルーフ」が採用され、ボディカラーは「ブリスクブルーメタリック」など全4色が用意されます。「FリミテッドⅡ」のエンジンはNAのみで、価格は2WDが1,431,000円、4WDが1,557,360円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。