トヨタ、ホンダ、日産が水素ステーション整備促進で協業!

これまでFCV開発で欧米の自動車メーカーとタッグを組んで来た国内大手自動車3社。

2013年1月にトヨタがBMWと次世代FCVシステム開発で提携、その翌月には日産がダイムラー、フォードと提携、さらに同年7月にはホンダがGMと提携するなど、FCVの開発費や市販価格の低減に向けたコラボレーションが話題になりました。

TOYOTA_MIRAI

その3社が今回、2月12日にFCV用の水素ステーションの整備促進に向けた新たな協力体制を発表しました。

その背景には水素社会の早期実現を目指す政府が昨年6月に策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」によるインフラ整備の促進には水素供給事業者による取組みだけでなく、FCVを販売する売り手側の協力体制が不可欠との判断が有ったようです。

NISSAN_FCV HONDA_FCV

昨年12月にトヨタが「MIRAI」を発売したのに続いて今年度中にホンダが、2017年には日産がそれぞれFCVを発売する予定で、水素ステーションの拡充が何よりも急がれているおり、今回の発表に至った模様。

3社は今後、政府の補助金による支援のもと、水素ステーションの運営に係る費用の一部負担等、具体的な検討を進めていくとしています。

〔関連記事〕

自動車4社共同の充電会社発足でEVの普及加速か!?
https://clicccar.com/2014/05/29/256607/

GMとホンダが次世代燃料電池システムを共同開発へ
https://clicccar.com/2013/07/03/224485/

国内自動車8社の新エンジン研究組合「AICE」誕生の背景は?
https://clicccar.com/2014/05/23/256288/

燃料電池でダイムラーとルノー・日産、フォードが提携
https://clicccar.com/2013/02/22/213602/

トヨタとBMWがFCVなどで協業する狙いとは?
https://clicccar.com/2013/01/25/211690/

Avanti Yasunori