【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】「ライトクロカン」を標榜したコンパクトRV。第19回 スズキ エスクード(初代)

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第19回は、ファッション感覚の都市型四駆として「ライトクロカン」の先駆けとなったコンパクトRVに太鼓判です。

80年代、パジェロなどクロカンブームを牽引した本格四駆は悪路走破性が評価軸。1988年、1.6リッタークラスという空白地帯に、オンロードでの走行性能を重視した「ライトクロカン」を打ち出したのが初代のエスクードです。

ボディの基本的なシルエットは極めてシンプルなRVでありながら、ピラーの細さが乗用車感を演出。とくに、フラッシュサーフェス化されたリアピラーは軽快で、都市型四駆のイメージを醸成します。

大きく張り出した前後のブリスターフェンダーは、曲面を取り混ぜることで無理なくボディにとけ込み、力強さと洗練さが絶妙なバランスを保ちます。同時に、前後フェンダーのエアダクトが独自のアクセントに。

フロントは、ランプ周囲の枠と横桟の組み合わせが、どこか南欧的な雰囲気を表現。一方、リアランプは先のブリスターフェンダーに沿って外側に配置され、機能性とともに安定感を形成します。

大型二眼メーターを用いた機能的なインパネと、スポーティなバケットシートを組み合わせたインテリアはライトクロカンの面目躍如。メインカラーのダークブルーも、重厚感と同時に都会的なファッション感覚を演出します。

スズキを代表するジムニーのイメージを反映させつつ、まったく異なる個性を生み出したことは見事。当初からコンバーチブルを設定し、手軽なオープンカーとして販売したのも秀逸です。

自社では最大の排気量となる新型車であっても、決して無難に走らず、他の何モノにも似ない個性を追求。スズキらしいフットワークの軽さは、すでに当時から発揮されていたのです。

●主要諸元 スズキ エスクード ハードトップ(5MT)
形式 E-TA01W
全長3560mm×全幅1635mm×全高1665mm
車両重量 990kg
ホイールベース 2200mm
エンジン 1590cc 直列4気筒OHC
出力 82ps/5500rpm 13.1kg-m/3000rpm

(すぎもと たかよし)

【関連リンク】

〈グッドデザイン太鼓判!〉

第18回・いすゞ ビッグホーン(2代目)
https://clicccar.com/2017/11/22/533644/

第17回・欧州トレンドカーを目指した存在感。日産・パルサー(4代目)
https://clicccar.com/2017/11/17/532612/

第16回・世界最先端のスタイルを標榜。トヨタ・セリカ(4代目)
https://clicccar.com/2017/11/13/530872/

第15回・クオリティを磨き込んだ元祖リッターカー。ダイハツ・シャレード(3代目)
https://clicccar.com/2017/11/09/529508/

第14回・小さなボディに込められた大人の定番。オートザム・レビュー
https://clicccar.com/2017/10/18/521463/

第13回・早すぎた先進のFFグランツーリスモ。日産・オースターJX
https://clicccar.com/2017/09/27/515263/

第12回・特別を前面に出さなかった異才スポーツ。 トヨタ・MR2(初代)
https://clicccar.com/2017/09/18/511600/

第11回・前向きな割り切りが生んだ斬新ミニ。ホンダ・トゥデイ(初代)
https://clicccar.com/2017/09/04/507119/

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事