【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第18回・シックで重厚な高級感をRVに。 いすゞ・ビッグホーン(2代目)

さらに、ロータス仕様のグリーンマイカなど、センスのいい2トーンのボディカラーは、ボディにシックかつトラッドな雰囲気も与え、単なる高級化とは異なる個性を生み出します。

インテリアも同様にシックなイメージで配色しつつ、立体感のあるインパネや厚みあるドアトリムがアクティブな印象も確保。スポーティなステアリングやシートは独自の世界観を作りました。

1745ミリへの拡幅はバブルを反映するものですが、しかし安易な高級化に陥らず、乗用車的なクオリティで普遍性を感じるボディは、どこかピアッツァやFFジェミニに通じるもの。

デザインフィロソフィ「HEXA-POD」を掲げるいすゞは、現在でもプレーンでシンプルなデザインを標榜しています。過剰な表現が少なくないいま、ここに学ぶべきヒントが隠されているのかもしれません。

●主要諸元 いすゞビッグホーン ロング ハンドリング・バイ・ロータス (5MT)
形式 Q-UBS69GW
全長4660mm×全幅1745mm×全高1840mm
車両重量 1980kg
ホイールベース 2760mm
エンジン 3059cc 直列4気筒ターボディーゼル
出力 125ps/3600rpm 28.0kg-m/2000rpm

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事
S-MX・アイキャッチ
ベンチシートとローダウンはふたりのための恋愛仕様?【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第3回】ホンダ・S-MX
NXクーペ・アイキャッチ
日産・NXクーペはクルマを超越してタイムマシンに変身した超未来の乗り物?【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第2回】
ヴェロッサ・アイキャッチ
トヨタ・ヴェロッサは「アルファロメオ?」と思わせるアッと驚くイタリア風味セダン【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:個性車編・第1回】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事