【東京モーターショー2017】マツダからは次期アクセラとロータリーエンジン搭載モデルが登場か!?

東京モーターショー2017でマツダが初公開する次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルとのこと。

同コンセプトカーには、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて目処をつけたという「SKYACTIV-X」、そして、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」が採用されるそうです。

「SKYACTIV-X」第1弾は次期アクセラという噂もありますし、写真を見る限り次期アクセラの5ドアスポーツ(ハッチバック)のようです。

さらに、HCCI(予混合圧縮着火)の「SKYACTIV-X」は、マイルドハイブリッドとの組み合わせになるという見方もあります。フルハイブリッドは、トヨタとのアライアンスがありますから、マツダ独自のハイブリッドととなるとマイルドハイブリッドになると考えられます。

『マツダ』の最新記事

マツダが2017年12月13日から初代ロードスター(NA型)のレストアサービスをWEBで受付開始
【LAオートショー2017】マツダプレミアムの新表現「アテンザ」を世界初公開
【LAオートショー2017】マツダが世界最強チームとタッグを組んだレーシングカーを発表
【東京モーターショー2017】これが次の魂動デザイン、マツダ「VISION COUPE」
次世代エンジン「SKYACTIV-X」搭載の新型アクセラは2019年発売?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事