ドライバーに大接近! キミ・ライコネンお気に入りの乗り物とは?【F1女子シンガポールGP観戦記】

F1女子シンガポールGP観戦記、第1弾第2弾と紹介してきましたが、今回は「ドライバー編」をお届けします!

海外観戦に行くとき、三度の飯よりF1ドライバーが大好きな私が考えるのが「ドライバーに会えるかどうか」。

せっかく海外に行くのであればドライバーを近くでみたい! 毎日会いたい! と思い、サイン会やイベント情報、通勤ルートをリサーチします。

シンガポールGPはほとんどのドライバーがホテルからパドックまで歩いて出勤するので、毎日その姿を拝めることができる夢のような場所。今年も木曜日からたくさんのドライバーに会うことができました!

シンガポールGPが行われるマリーナベイ・ストリート・サーキットには合計10カ所のゲートがあるのですが、徒歩移動のドライバーはゲート9を利用します。なので、ドライバーを見るにはゲート9の手前もしくは入った所か、パドック入り口近辺にいればOK。

出勤時間はドライバーによって様々なので、ゲートオープンとともに待機するのがオススメです。

シンガポールGPで心を奪われたのが、ピンクのチームウェアがお似合いのエステバン・オコン選手(フォースインディア)です。スタイルが良く、歩いてくる姿はまるでモデルのよう! でも話すととっても優しく、笑顔がキュートで、そのギャップにすっかり魅了されてしまいました。

フェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン)の人気は絶大で、毎日大勢のファンを引き連れて歩いていました。アロンソ選手大ファンの父に託された手作り応援フラッグを見せると、自身のインスタグラムに「Arigatoooo」とメッセージ付きでフラッグをアップしてくれて大感激! こちらこそ、Arigatoooo!

F1ドライバー……ではなくイタリアからきたフェラーリファンのマルコさん(セバスチャン・ベッテル選手推し)。イタリアGPの様子を聞いたりイタリア語を教えてもらったりと、ドライバーを待っている間もマルコさんのおかげて楽しく過ごすことができました。海外F1ファンとの交流も、海外観戦の魅力ですよね。

この記事の著者

yuri

yuri 近影
2006年のF1日本GPを観に行ってから、どっぷりF1&ジェンソン・バトンにはまってしまったF1女子。F1が大好きですが、クルマの運転は下手(小林編集長お墨付き)、メカニズムも苦手、だけどドライバーの知識と愛だけは自信あり! もっと気軽にF1を楽しんでもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちで執筆活動をしています。趣味はバトンの追っかけと、F1海外観戦。現在は新米ママとして子育てに奮闘しながら、のんびり記事を更新中。あたたかーい目で見守っていただけると嬉しいです。