【東京モーターショー2017】日産は世界初公開のコンセプトカー「LEAF NISMO Concept」や「セレナ NISMO」を披露

東京モーターショー2017・日産ブースの見どころは、将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したというワールドプレミアのコンセプトカー。さらに参考出展車として、9月に発表された新型「日産リーフ」のNISMOモデルとなる「LEAF NISMO Concept」や、「セレナ」のNISMOモデルとなる「セレナ NISMO」、より高品質なデザインが採用された「スカイライン」など、市販車を含めて計13モデルが展示されます。

参考出品される「LEAF NISMO Concept」は、NISMOのレーシングテクノロジーにより実現した専用エクステリアが特徴で、Cd値を悪化させることなくリフト量を低減、優れた空力性能を実現したとしています。

インテリアは、ブラック内装を基調にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントが施され、スポーティに仕立てられています。

また、チューニングされた専用サスペンション、高性能タイヤなどが採用されるほか、電動駆動の特性を活かてどこからでも瞬発力の高い加速フィールを提供する専用チューニングコンピューター(VCM)を搭載し、NISMOらしい走りを提供するとしています。