FIA Intercontinental Drifting Cupはパドックやフードコーナー、出店エリアに無料で入場できる!【IDC2017】

9月30日、いよいよ始まったFIA Intercontinental Drifting Cup。お台場の特設開場は大変な興奮状態。

日本発祥のモータースポーツということで日本勢が優勢なのは想像できましたが、斎藤太吾選手が単走で100点越え、見事な優勝を飾りました。

またFIAのジャン・トッド会長も会場を訪れ、なんと表彰式でプレゼンターをかってでるというサプライズも大きな話題となりました。

そんな超話題で大興奮なFIA Intercontinental Drifting Cup(IDC2017)ですが、実は無料で楽しめちゃうエリアがあるのです。

お台場DIVER CITY側に設けられたメインエントランス。そこを通り抜けると様々な協賛企業の出展エリアがあります。ここはなんと無料エリア。

この無料エリアにはパドックも含まれていて、マシンの整備の様子が思いっきり見ることが出来ます。

パドックと出展ブースが同じ無料エリアにあるということは、レースクイーンとも遭遇できるチャンスが!

そして大会イメージガールの鈴菜ちゃん、太田麻美ちゃんとも会えるかも。

フードコーナーでは大型モニターで世界戦の様子を見ることができ、立ち上るタイヤスモークと迫力のエンジンサウンドは本物を感じることが出来ます。

無料エリアだけでもかなり楽しめるFIA Intercontinental Drifting Cup。10月1日はLeg2を行い、9月30日のLeg1とのポイント合算で初代世界チャンピオンが決まります。この瞬間を無料エリアで見届けるというのも面白いでしょう。

<開催概要>
名称:FIA Intercontinental Drifting Cup
開催日時:2017年9月30日~10月1日
開催場所:東京都・台場特設コース
実施内容:FIA(国際自動車連盟)が新たに承認したモータースポーツ・ドリフトの初めての世界大会
公認:FIA
主催:株式会社サンプロス

(写真・文:松永和浩)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。