【ワークスチューニング試乗会】トヨタ・ミニバン軍団の走りをグッと引き締めるTRDのチューニングメニュー

さて、せっかくの群サイですから気になるのは走りのレベルアップ。エスクァイアのチューニングは、ドアスタビライザー&ブレースセットと純正形状のTRDスポルティーボサスペンション、そしてオリジナルホイールにグッドイヤーのイーグルRV-F(205/50R17)を履いているといった内容になっています。

まず、注目はドアスタビライザー&ブレースセットでしょう。もともとボディ剛性には関係のないドアですが、ストライカー部にスライド式のパーツを入れることで隙間を埋め、ボディのねじりなどに対して、ドアを剛性アップの補強として利用するのがドアスタビライザーの役割です。このパーツが有効なのは知られているところですが、スライドドアのミニバンでは効果が出づらい面もあるそうです。そこで、フロントドアにはドアスタビライザーを装着する一方、スライドドアの剛性アップにつながるブレース(スチール製の補強パーツ)をセット装着することでボディ全体を引き締めることが期待できるのです。

その効果は群サイという厳しいコースだからこそ、はっきりと伝わってきます。横Gの続く長いコーナリングや左右に切り返すようなシチュエーションにおいてミニバンとは思えない安心感があります。サスペンションによってロール剛性も高まっているので、車高ダウン以上に重心高を下げたかのような錯覚に陥るほど、走りは別物です。

ただし、ペースアップしていくとダンパーの容量不足なのか跳ねるような動きが出てきます。日常的な速度域での乗り心地を重視(群サイでも快適性に不満は感じないほど)したサスペンションなので両立は難しいのかもしれませんが、スポーティ方向の味付けもレベルアップしていると満足度はさらに上がりそう。もっとも、おそらくほとんどのワインディングでは制限速度オーバーの領域での話ですけれども。

(写真・文:山本晋也)

【関連記事】

【ワークスチューニング試乗会】

TRDのファインチューン「86」は、運転が上手くなった気にさせる安定感に注目!
https://clicccar.com/2017/09/13/509820/

最速マシンは10年落ち!? ニスモ渾身のR35・GT-R用アップデートプログラム
https://clicccar.com/2017/09/14/509752/

トヨタ・ミニバン軍団の走りをグッと引き締めるTRDのチューニングメニュー
https://clicccar.com/2017/09/15/509807/

ニスモ・チューンでノート e-POWERが峠道最速マシンになる!?
https://clicccar.com/2017/09/15/509764/

クロスオーバーとしてのほどよいバランス。ニスモが手を入れたエクストレイル
https://clicccar.com/2017/09/19/509775/

無限が手がけるとヴェゼルがSUVからホットハッチに変身!
https://clicccar.com/2017/09/16/509831/

無限・フィットの走りは往年の「無限POWER」シビックを思い起こさせる
https://clicccar.com/2017/09/20/509837/

STIがスバルの最新モデルに施した「体幹強化」術とは?
https://clicccar.com/2017/09/20/509792/

STIの純度を高めたレヴォーグは「STIコンプリートカー」と見紛う完成度
https://clicccar.com/2017/09/21/509781/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事