【ワークスチューニング試乗会】トヨタ・ミニバン軍団の走りをグッと引き締めるTRDのチューニングメニュー

ワークスチューニングというグループの存在をご存じでしょうか。ここでいうワークスとはメーカー直系のレース活動を意味しています。そうしたレース活動でのノウハウをストリート用チューニングアイテムにフィードバックしているのがワークスチューニング・グループ、具体的にはTRD(トヨタ)、NISMO(日産)、無限(ホンダ)、STI(スバル)の4社です。

今回、そのワークスチューニンググループが合同で試乗会を行ないました。各社自慢のデモカーを持ち込んだのは「日本のニュルブルクリンク」とも呼ばれる群馬サイクルスポーツセンター(「群サイ」の愛称でも知られています)。荒れた路面とアップダウンの激しいコーナーの続くタイトなワインディングを模したコースで、その実力をアピールしようというわけです。

その会場で待っていたのは、ド迫力のボディパーツを備えたトヨタのミニバン軍団。TRDのドレスアップパーツやサスペンションなどを与えられたエスクァイア、ノア、ヴォクシーの5台が並べられていました。

基本的には兄弟車ですから、機能性でいえば、どのクルマに乗っても同じわけですが、今回チョイスしたのはエスクァイア。前後のスポイラーやフロントグリル、サイドスカートなど上品でスポーティなエアロパーツがエスクァイアを、ワンランク上のミニバンに仕上げているのが印象的です。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。