【新車】VTECエンジンと軽量ボディのホンダ N-BOXを公道試乗。まるで全高が下がったような軽快な走り

2017年8月31日にフルモデルチェンジを発表したホンダN-BOX。日本で一番売れているクルマのフルモデルチェンジですから注目度が高いのは間違いないところ。そんな新型N-BOXを市街地で試乗することができました。

今回のフルモデルチェンジにおけるトピックスはいくつもあります。一見すると変化が少なく見えるという声もありますが、機械部分では9割以上が新設計。ボディ(プラットフォーム)、エンジンとも新しくなっています。

利便性においては57cmもスライドする助手席を設定。さらに、ミリ波レーダーとカメラ、超音波ソナーを用いた先進安全装備「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備するなど、軽自動車のレベルを引き上げるとも言えます。

今回試乗することができたのは、助手席スーパースライドシート、サイドカーテンエアバッグ、ホンダセンシング、そして新開発VTECエンジンを搭載したNAエンジン車。グレード名は「N-BOX G・EX Honda SENSING」です。

ホンダセンシングの追従クルーズコントロールや車線維持支援システムの仕上がりを確認するならば高速道路を走りたいところですが、N-BOXの使われるであろうシチュエーションを考え、市街地だけを走行。新ボディ・プラットフォームと新エンジンによる走りを中心に確認してみることにしました。

『ホンダN-BOX』の最新記事

【新車試乗 ホンダN-BOX】先進安全装置を全車に標準としたがその評価は?
【新車試乗 ホンダN-BOX】軽自動車の歴史を変える総合性能の高さ! 選ぶならどのモデル?
【新車試乗 ホンダN-BOX】軽自動車初の電動ウェイストゲートを取り入れたターボエンジンとは?
変わってないようで変わっている。N-BOXは『新型』を選びたくなるワケとは?
新型ホンダ「N-BOX」の先進安全運転支援システム「Honda SENSING」には2つの機能がプラス!

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事