【新車】SUBARUインプレッサがB型に移行。「アイサイト」をアップデート

SUBARU BRZと同時になる9月11日、インプレッサが一部改良を受けてB型に移行し、10月5日に発売すると発表しました。

新世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」が初めて採用されたインプレッサは、日本車初となる歩行者保護エアバッグを採用し、さらに「アイサイト(ver3)」など、安全や走りなどの面において現在の同社が誇る最新技術の多くが盛り込まれています。

具体的には、「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能が強化されたほか、後退時自動ブレーキシステムも追加。さらに、メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」にサイドビューモニター機能が追加されています。

ボディカラーは「クリスタルホワイト・パール」、「アイスシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・シリカ」、「ダークグレー・メタリック」、「ピュアレッド」、「ダークブルー・パール」、「クォーツブルー・パール」を用意。価格帯はインプレッサG4、インプレッサSPORTともに1,944,000円〜2,613,600円です。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事