ホンダ・シティのエンジンをミッドに積む!という壮大なる計画をやりました・その1【OPTION 1983年3月号より】

OPTIONでは、長期連載チューニング・ステップアップ企画を何台かやっていました。DaiちゃんのZもその1台ですね。エンジンをイジり、タービン、足まわり、ボディ改造まで含め、トータルチューニングを行うことで、最高速やゼロヨン記録に挑戦して…という企画です。

しかし、この「シティ・ミッドシップ化」は、ちょっと異色な長期連載企画でした。なんたってエンジン搭載位置を変えちゃおう!っていうのですから…。国産初のミッドシップ、MR2が誕生したのは1984年。それよりもずっと前の企画ですからね。

では、何度かに分け(連載回数は無計画…)、完成までの過程を紹介していきましょう。今回のその1は、計画スタート〜アウトラインの紹介から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●OPTホットマシン シティ・ターボ ミッドシップ計画

今年の流行はこれだ! オレたちのクルマを作る!

今年のOPTホットマシンは、コイツだ。本物のスポーツカー作りに挑戦しようと張り切っている。標的はFFシティ・ターボからルノー5ターボ、そして…。夢はデッカイ。

走り好きなオレたちが、一度は乗ってみたいクルマは何か。それは、スポーツカーの頂点ともいえる、ミッドシップ・エンジンカーじゃないだろうか。

といっても、日本のマスプロ主義カーメーカーでは、少量生産しかできないので作ってくれっこない。外国にはフェラーリ512やロータスなどのミッドシップカーがたくさんあるが、超高級スーパーカーだ。身近な存在は、フィアットX-19やルノー5ターボがあるくらいだ。それでも外車となると、ちょっと縁遠い。

それなら、国産の大衆車でミッドシップを作ってしまおう! チューニングやモディファイ、個性的なクルマの楽しみ方の好きなOPTだから、ここまでやってみなくちゃ話にならないのだ。

むろん、こんな超モディファイ車が街を走るなんて夢かもしれない。しかし、ロマンを無くしたらつまらない。この計画はプロトタイプというわけだが、近いうちにメーカーが市販してくれるかも分からない、という期待をこめて、そのキッカケになってくれればいうことはない。

『Play Back The OPTION』の最新記事

ドアが飛び、エンジンブローに見舞われた悲しきOPT・MR2。その中身をチェック!・その3【OPTION 1985年1月号より】
井出有治選手や韓流スターが参戦する韓国のスーパーレース「キャデラック6000」は、生き残りゲーム的サバイバルレース!?【Play Back the OPTION Spin off】
「改造OK」の許可がトヨタから出た!? 新型スープラのチューンに期待が膨らむ!・OPTION 2018年10月号より【Play Back the OPTION Spin off】
2019年「生誕50周年」のフェアレディZ、レース復活を後押ししたのはOPT-Z31だった!?(←妄想)【Play Back the OPTION Spin off】
ドアが飛んだ次はエンジンブロー!? OPT・MR2谷田部最高速再トライで予期せぬトラブル発生!・その2【OPTION 1985年1月号より】