人気のトヨタ・シエンタに上質感を高めた安全装備充実の「G クエロ」を設定

3列シートミニバン(車いす仕様の2列5人乗りもあり)のトヨタ・シエンタ。コストの制約が厳しいクラスでも内・外装の巧みなデザインなどもあってメーカーの想定以上? のヒットを飛ばし、コンパクトミニバンにはまだ根強いニーズがあることを証明しています。

8月1日に設定されたシエンタの「G Cuero(クエロ)」は、「G」グレードがベース。合成皮革と上級ファブリックを組み合わせることで上質感を高めたシート表皮をはじめ、シートやシフトノブ、ステアリングホイールなどにオレンジのステッチを施すことで、おしゃれで明るい印象を室内にもたらしています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。