「MAZDA ターンパイク箱根」が名称を変更! 新たなネーミングは?

箱根をドライブするなら一度は行ってみたい聖地のような道路、いわゆる「ターンパイク」の名称が変わることになりました。

これまではのネーミングは「MAZDA ターンパイク箱根」でした。

新しい名称は「箱根ターンパイク」です。んんん? これって昔からのネーミングですよね。そうです。ターンパイクは昔ながらの名称に戻ったというわけです。

これまでの名称の変遷は、

・1965年7月23日(ターンパイクの開通日)〜2007年2月28日:箱根ターンパイク
・2007年3月1日〜2014年7月31日:TOYO TIRES ターンパイク(東洋ゴム工業が命名権を取得)
・2014年8月1日〜2017年7月31日:MAZDA ターンパイク箱根(マツダが命名権を取得)
・2017年8月1日〜:箱根ターンパイク

というわけで、10年ぶりにオリジナルになったわけです。まあ、箱根ターンパイク、の方が発音しやすいですもんね。

ということで、箱根ターンパイクの貴重な開通前から開通直後の写真をお楽しみください。

昔は乗用車も重量で区分があったんですね。当時はいわゆる普通の乗用車で150円だったようです。

なお、いわゆる大観山の施設名称も「MAZDA スカイラウンジ(マツダ スカイラウンジ)」から、「大観山スカイラウンジ(たいかんざん スカイラウンジ)」に変更となっています。

(文:clicccar編集長 小林 和久/写真:箱根ターンパイク)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事