ポールポジションはYAMAHA FACTORYが獲得!ところで「TOP10 TRIAL」ってなに?【鈴鹿8耐】

7月27〜30日、三重県鈴鹿サーキットで開催の”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会、通称「鈴鹿8耐」。

29日の土曜日には、前日の予選結果からベスト10のチームがグリッド上位を争うTOP10 TRIALが行われます。

結果から言いますと、ポールポジションは21号車 YAMAHA FACTORY RACING TEAM。トップタイムは中須賀克行選手の2分6秒038!夢の5秒台まであと一歩のところまでタイムを伸ばしての堂々のポールポジション。

中須賀克行選手のタイムが異次元過ぎてファスターライダーのアレックス・ローズ選手がアタックする前にポールポジションが確定。ローズ選手とのチーム内バトルも中須賀選手が勝利!

2位はYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING。実は先に走ったシルバン・ギュントリ選手が転倒。2本目を担当した津田拓也選手が予備のマシンで出したタイムで2番のポジションを確定させました

そして3位はKAWASAKI TEAM GREEN。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事