理屈抜きのカッコよさには理由がある!? トヨタ・カムリが目指したデザインの調和とは?

「理屈抜きにカッコいいセダンを作りたかった」という新型カムリ。低く幅広いボディに引かれた何本ものラインが、その勢いを作ってるかのようです。今回はその「線」に込められた意図をデザイナーに聞きました。

── まず、フロントフェイスから伺います。ランプ内のグラフィックやアンダーグリルでは多層的な表現が印象的ですが、ここまで多くの線を引いた意図は?

「TNGAで実現した低重心をより強調するため、セダンでは例外的に大きなグリルを全幅いっぱいに置きました。細いラインは、その大きな塊に手の込んだ細工をすることで、カムリの持つ車格感を表現するためなんです」

── ボンネットには4本のラインが引かれていますが、左右の2本だけでは足りませんか?

「今回、先代比でフードを40ミリ下げたのですが、エンジンとの間隔は非常にタイトですから、両端のラインだけだと中央に張りが出せずペナペナになってしまう。そこでセンターにブレークラインを引いて立体感を出しているんですね」

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事