ホンダが北米仕様の新型アコードを発表。1.5Lと2.0Lの直噴ターボと「SPORT HYBRID」を設定

2016年3月にプラグインハイブリッド仕様の生産を中止し、ハイブリッドのみとなっているアコード。北米仕様の新型アコードが7月14日(現地時間)に発表されました。現地では今秋の発売が予定されています。

シビック、CR-Vについで北米での売れ筋モデルであるアコード。10代目になる新型アコードは、デザイン、パッケージング、走行性能が大幅に刷新されているそうです。さらに、最新のコネクティビティと安全運転支援技術を搭載することで、新世代のミッドサイズセダンを目指したそうです。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事