レッドはわずか2台!実質約30万円値下げの限定車「ジープ・チェロキー・リミテッド・スペシャル」

「リミテッド」と「トレイルホーク」という2グレード構成のジープ・チェロキー。

装備の差は少ないですが、今回、エントリーグレードの「リミテッド」をベースとした50台限定車「ジープ・チェロキー・リミテッド・スペシャル」が発表されました。5月20日からの発売になります。

現行のチェロキーは、ジープらしいタフさを感じさせながらも、アグレッシブなフロントマスクなどにより、都会にも溶け込むスタイリッシュな外観が特徴です。

限定車のエクステリアは、被視認性を高めながらスタイリッシュな外観を演出するデイタイム・ランニング・ライトを新たに装備。また、プレミアムフロアマットも標準で用意されています。

 

もちろん、ベース車にあるアダプティブクルーズコントロールや車線逸脱警報機能、前方衝突警報、ブラインドスポットモニター、縦列/並列のパークアシスト機能などは標準装備。

限定50台のうち「ブライトホワイト」が20台、「ダイアモンドブラッククリスタル(※)」が28台、「ディープチェリーレッドクリスタル(※)」はわずか2台となっています。※パールコート塗装は54,000円高。

搭載されるエンジンは272ps/315Nmの3.2L V6で、9ATとの組み合わせ。駆動方式は4WDのみ。「ジープ・チェロキー・リミテッド・スペシャル」の価格はベース車よりも約30万円安価な4,671,000円となっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。