ベントレー × ポルシェの次期型コンチネンタルGTは頂点に610馬力のベンテイガユニットを搭載

ベントレー コンチネンタルGT次期型プロトタイプを、カモフラージュの薄い状態で再び捉えました。

ベントレーとポルシェが共同開発した「MSB」軽量プラットフォームを採用し、150kg以上の軽量化を図り、現行モデルよりショートオーバーハングとショートホイールベースのスタイリングを特徴とします。

プロトタイプの涙目ヘッドライトは勿論擬装で、その下には、ベントレーの特徴である、丸眼四灯が隠され、Aピラーからトランクへの流れるようなフォームは、「EXP10スピード6」コンセプトからインスピレーションを得ているようです。

パワートレインは530psを発揮する4リットルV型8気筒エンジン、412psを発揮するポルシェ製3リットルV型6気筒+電気モーターのハイブリッド、頂点には610psを発揮するSUV「ベンテイガ」の6リットルW12気筒エンジンが君臨します。

ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが有力という情報です。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事