おすすめ記事一覧

冒険心を感じる世界観を創りたい ─ 新型スバル・XVのデザインが目指したもの(前編)

2017/04/18 19:33 by   ニュース・新車, コラム・連載, デザイン, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車

先代は、インプレッサシリーズ販売台数のほぼ半数を占める人気車種となったXV。今回のデザイン・インタビューでは、新型となったインプレッサとの違いを中心に話を伺います。

── はじめに。XVはインプレッサがベースですが、開発自体は同時進行だったのでしょうか?

「はい。スバルとしては両車は別車種と位置づけていますが、実際にはほぼ同時でしたね。新しいインプレッサ5ドアのスポーティさと、XVのしっかり感をどうやって両立させるかの検討を行いました」

── その「しっかり感」を出すための基本的な考え方はどこにありましたか?

「インプレッサの上屋のスポーティさを残しつつ、下回りをガッチリたくましい表現にすることで、強いコントラストを出したかった。ただ、やはりあくまでもXVとして、人気だった先代をどう進化させるかが優先されたと思います」

── では新しいXVとして、造形上の独自のキーワードはあったのですか?

「ファン・アドベンチャーですね。商品というより、XVの世界観を創りたいという趣旨から考えたものです。ユーザーの方に乗っていただき、あたかも冒険をしているかのような楽しさを感じてほしい」



あなたにおすすめの記事