「TOYOTA FT-4X」はFJクルーザーの後継!? 30代半ばまでの若者をターゲットに据えたコンパクトSUVを世界初披露

トヨタのコンパクトSUVといえば、初代RAV4でシティ派SUVというジャンルを切り拓き、現在はCセグメント系のC-HRを投入しています。トヨタが北米の若者向け(ジェネレーションY向け)として「サイオン」というサブブランドを投入していましたが、2016年2月に廃止が発表され、C-HRも「トヨタ」ブランドとしてリリースされています。

トヨタが4月14日から23日まで(米国時間)開催されるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新たなコンセプトカー「TOYOTA FT-4X」を世界で初めて披露します。

「Future Toyota – Four-Wheel Drive Crossover」を意味するという「TOYOTA FT-4X」は、「サイオン」ブランドがまだあればそちらから出そうな30代中盤くらいまでの若者世代をターゲットにしたコンセプトカー。