FRベースらしさを感じさせるジャガーF-PACEの雪上の走り

例年以上の大雪の中、長野県斑尾高原で開催されたジャガー・ランドローバー・ジャパンの雪上試乗会。以前ご紹介したレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルからジャガーF-PACEに乗り替えると、ドライ路面で感じる以上に同じ4WDでもFFベースとFRベースの差が伝わってきます。

エンジン横置きのFFベースであるレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルは、一般道の雪上試乗ではウインタータイヤでもほぼ万全といえる安定感で後輪が滑り出す気配はほとんどありませんでした。なお、イヴォークの4WDは電子制御の「ハルデックスカップリング」を介して最適なグリップを与えるもの。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事