570ps/637Nmの日産GT-Rを氷上で走らせるとどうなる?【日産 氷上・雪上試乗会】

日産自動車の氷上・雪上試乗会が開催された女神湖の氷上には、氷上スキッドパッドと外周路が用意されていて、日産が誇るR35 GT-Rも氷上外周路で試すことができました。

女神湖の氷上には雪が積もっていたとはいえ、徒歩では油断すると即転びそうな状態。装着されていたスタッドレスタイヤは、ダンロップのDSX(F:255/40R20 R:285/35R20)で、DSST(DUNLOP Self-Supporting Technology)つまりランフラットタイヤ。

 

独立型トランスアクスル4WDを採用するGT-Rは、フロントにエンジンを、リヤにトランスミッションを配分することで、前後の荷重バランスに留意されていますが、それはニュルブルクリンクサーキットなどを速く走るため。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事