【東京オートサロン2017】BRIDEがモータースポーツトップカテゴリー向けシート「HYPER」を発表

1月13日、東京オートサロン2017の中でBRIDEのモータースポーツトップカテゴリーに向けたフルカーボンシート「HYPER」が発表され、お披露目が行われました。

010

会場ではBRIDEの高瀬嶺生社長が挨拶し、開発の経緯を説明。アンベールされました。

011
012

カーボンフレームを採用したHYPER。強固なカーボンフレームは童夢の技術で、BRIDEと童夢が業務提携、最新の世界安全基準をクリアした極限G対応レーシングシートとなります。HYPERは、この発表と同時に受注が開始されました。

013

HYPERは特にFIA-GT3やルマンLMP2クラスなどヨーロッパ規格のレーシングカーに向けて開発をしているとのことで、それらのマシンを使う日本人を含めたアジア全体がマーケットになるということです。

そのため、アジアの熱い夏を乗り切る装備としてシートバックには送風機で風を送るという構造になっています。

014

発表の席に駆けつけた織戸学選手は、HYPERの必要性について以下のように語りました。

「僕らがSUPER GTで乗るGT3車両はヨーロッパの基準で作られたシートが装着されているので、日本人が乗るといっぱい詰め物をしないといけない。でも所詮は詰め物なのでシートの剛性を体感できるような状態にはならないんです。もっと日本人やアジアの人々に合ったフレームが必要で、それがやっと出来てくれたということに喜びを感じます」

もしかすると、このシートを装着するだけでSUPER GTのGT300クラスはコースレコードが塗り替えられてしまうかもしれませんね。

(写真・文:松永和浩)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。