最終戦鈴鹿で新チャンピオン誕生!バンドーンは有終の美【スーパーフォーミュラー2016】

10月30日に鈴鹿サーキットで決勝が行われた2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」。

201

今シーズンのスーパーフォーミュラーは大混戦。この最終戦の鈴鹿予選終了の段階でチャンピオン候補がなんと6人!

決勝はRACE1、RACE2の2レース制で行われ、各レースともに優勝は8ポイント、予選でのポールポイントは各レース1ポイントずつということで、最大18ポイントを獲得できるレースとなっています。

222

このレースの両方のポールポジションを獲得したのが昨年のチャンピオン、P.MU / CERUMO・INGING SF14の石浦宏明選手。しかし石浦選手がチャンピオンを獲るためには、ポールポジションを獲得しながらもなお両方のレースで優勝しなくてはなりません。

202

RACE1の直前の時点でポイントランキングトップは、ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14の関口雄飛選手。しかし予選が全く振るわず18番手からのスタート。

203

ランキング2位がP.MU / CERUMO・INGING SF14の国本雄資選手。RACE1は2番手からスタート。

204 221

RACE1ではポールポジションの石浦選手、セカンドポジションの国本選手ともに同じチーム。同じチーム同士でのチャンピオン争いは精神的な負担がかなり大きいのではないでしょうか。

206

スタート時刻9時49分22秒。見事なスタートを決めたのは国本選手。トップで第1コーナーを抜け、そのままS字コーナーへと進入していきます。

205

2周目以降も2位のVANTELIN TEAM TOM’S アンドレ・ロッテラ選手をどんどんと引き離していきます。

214

危なげないレース運びで確実に後続を引き離しトップをキープ。

207

国本選手はRACE1で見事に優勝を決めました。チームメイトの石浦宏明選手は残念ながらチャンピオン争いから脱落です。

218

RACE1で優勝を決めた国本選手。これでランキングトップに躍り出ます。しかしRACE1の時点でもチャンピオン候補は4人。素直に優勝を喜ぶにはまだ早いのか、国本選手の表彰式での面持ちは険しいまま。

219


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています