【SUPER GT 2019】令和初のスーパーGTは、日産勢が両クラスでポールを獲得!

●日産・GT-RがGT500・GT300でポールポジションを獲得!

元号が令和に改まって初めてのSUPER GTである「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」が5月3,4日に富士スピードウェイで開催されています。

5月3日には予選が行われ、GT300・GT500の両クラスのポールポジションを日産勢が独占しました!

GT300クラスは、56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが参戦2戦目でクラス初ポールを獲得。

このチームは、KONDO RACINGが日産自動車大学校とともにメカニックなどの若手育成を目的としたチーム。2018シーズンまでスーパー耐久シリーズのST-Xクラスに参戦していましたが、2019シーズンからSUPER GTのGT300に参戦を開始。

指導する立場のプロはいますが、レースメカニックはほとんどが日産自動車大学校の学生というのがこのチーム。国内のレースで最も難易度が高いSUPER GTの現場を体験し、その学生たちを優秀なメカニックとして育成するためのチームなのですが、やっていることはプロそのもの。

そのリアライズ 日産自動車大学校 GT-RがQ2に進出、そんな学生たちの夢を乗せて平峰一貴選手が予選Q2をアタック!

1分35秒871というタイムをたたき出しポールポジションを獲得します。この予選で35秒台を出したのはリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rだけ。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rを率いる近藤真彦監督もかなりのご満悦の様子。またGT300予選の上位3台をヨコハマタイヤが独占、上位10台のうち8台がヨコハマタイヤとなり、ブリヂストン一強だったここ最近のSUPER GTに新しい風を吹かせています。

GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rがポールポジションを獲得。Q2を担当したロニー・クインタレッリ選手が1分26秒871というコースレコードを樹立してのポールポジションです。

松田次生選手や鈴木豊監督もピットへ戻るロニー・クインタレッリ選手を出迎えガッチリと握手!

この結果、富士500kmレースのポールポジションを両クラスとも日産・GT-Rが占めるという快挙がなされたのです。

決勝レースは5月4日の14時30分スタート。500㎞という長丁場でどんなドラマが生まれるのでしょうか。

(写真・文:松永和浩)

『モータースポーツ』の最新記事
織戸学と山本磨美
織戸学、全日本ラリー選手権第 6 戦「MONTRE(モントレー)2021」に参戦!
Floral Racing with ABSSA/#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3
スーパー耐久・富士24時間レースの井出有治&マクラーレンGT3を振り返る「勝てたレースだけに3位でも悔しさ倍増…」
夜明けごろの水素エンジン搭載カローラスポーツ
水素エンジン、斯く戦えり。世界初の水素エンジンレーシングカーでトヨタの社長がレースを走った【スーパー耐久2021】
井出有治
憧れのチーム・インパル(IMPUL)からフォーミュラニッポン参戦…でも、星野一義さんの愛猫と井出有治の相性は最悪だった!?
佐藤琢磨選手
世界三大レース「インディ500」開幕直前。ディフェンディングチャンピオン佐藤琢磨が連覇への意気込みを語る

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事