リカルドが今シーズン初優勝!恒例のシューイーもスペシャルバージョンに!!【2016 F1第16戦マレーシアGP】

10月2日(日)、2016 F1第16戦・マレーシアGPが、セパン・インターナショナル・サーキット(全長5.543km、周回数56周)で開催されました。

18年連続18回目の開催となるマレーシアGPですが、今年はサーキットのアスファルトを再舗装し、9つのコーナーを変更するなど大改修が行われました。

また、ほぼ赤道に直下に位置するサーキットであるため年間を通じて高温多湿。決勝の気温は33度、路面温度は52度まで上がり、ドライバーにとって、とても過酷な環境でのレースとなりました。

P-20161002-01550_HiRes JPEG 24bit RGB

オープニングラップから波乱のスタートとなったマレーシアGP。

好スタートを切った5番手スタートのセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)が、ターン1で3番手スタートのマックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)のインを突きますが、2台ともタイヤをロックさせて止まりきれず、ベッテル選手が2番手スタートのニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)に追突して左フロントを壊しリタイアしてしまうというハプニングが発生! ロズベルグ選手もスピンして16番手まで下がってしまいました。

この事故により、ベッテル選手には次戦F1日本GPで3グリッド降格ペナルティが科せられます。

f11002001H

この接触によりバーチャルセーフティーカーが導入され、ポールスタートのルイス・ハミルトン選手(メルセデス)と3番手スタートのフェルスタッペン選手の順位は変わりませんでしたが、4番手スタートのダニエル・リカルド選手(レッドブル)は2番手にジャンプアップ。

パワーユニット交換で計45グリッド降格ペナルティを受け最後尾スタートだったフェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン)が混乱をうまくすり抜け、11番手まで浮上しました。

M42416

9周目にはロマン・グロージャン選手(ハース)の左リアのブレーキがトラブルに見舞われ、ターン15でコースオフしてストップし、再びバーチャル・セーフティーカーが導入。

上位勢はステイアウトしましたが、フェルスタッペン選手、ロズベルグ選手らがピットインし、フェルスタッペン選手はソフトタイヤからソフトタイヤへ、ロズベルグ選手はソフトタイヤからハードタイヤへ履き替えます。

タイヤを履き替えたロズベルグ選手は猛プッシュ! 前を走るマシンをどんどん抜いていきます。他のチームを軽々とオーバーテイクするメルセデスの速さは、もはや異次元の世界にいるかのようでした。

この記事の著者

yuri

yuri 近影
2006年のF1日本GPを観に行ってから、どっぷりF1&ジェンソン・バトンにはまってしまったF1女子。F1が大好きですが、クルマの運転は下手(小林編集長お墨付き)、メカニズムも苦手、だけどドライバーの知識と愛だけは自信あり! もっと気軽にF1を楽しんでもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちで執筆活動をしています。趣味はバトンの追っかけと、F1海外観戦。現在は新米ママとして子育てに奮闘しながら、のんびり記事を更新中。あたたかーい目で見守っていただけると嬉しいです。