おや……ボクスターとケイマンの馬の数が同じに!

先日の記事「『4気筒になった新型ボクスターは興味ない』と強がる初代オーナーの戯言」では言いたい放題書いちゃったわけですが、何だかんだ言ってもマイナーチェンジで「718」というサブネームが付いて心機一転した新型ボクスターの最大のトピックはダウンサイジングで4気筒化されたエンジンだし、ポルシェ好きとしては気になるポイント。

ですよね?

標準車は265馬力から300馬力へ、「S」は315馬力から350馬力へパワーアップしているので文句ないだろ!という人もいますしその気持ちも分かりますが、6気筒じゃなくなったのはなんとなくさみしい気持ちがあるは僕だけですかね。

ちなみに理由を「軽量化のため」という人もいますが、ターボを装着したことにより新型は6気筒時代よりも重量が増しているので誤解なきよう。最大の理由は燃費向上です。まあ気持ちよく走れれば文句ないんで、早く乗れる機会が訪れるといいなあ。

S_20160601Porsche Boxter 718_055

そんな話はともかく、「718ボクスター」と「718ケイマン」を比べてみると従来とは上限関係が逆転した価格のほかにも、気になるポイントを見つけちゃたので問題提起。いや、ご報告。

それはエンジンパワー。

マイナーチェンジ前である981型のエンジン最高出力はボクスターよりもケイマンのほうが上だった。

ボクスター:265ps ボクスターS:315ps
ケイマン:278ps ケイマンS:329ps

ところが718となった新型は、ボクスターもケイマンも

標準車:300ps S:350ps

見事に同じになっている……。

S_20160601Porsche Boxter 718_023 S_20160601Porsche Boxter 718_073

この理由がどこにあるのか?

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。