警察庁、新東名と東北道の最高速度120km/hに見直しへ!

今回の方針決定に際しては警察庁と国土交通省、大学教授らによる調査委員会が7つの高速道路で事故発生状況を分析、区間によっては最高規制速度を100km/h以上に高めても安全性に問題が無いとの検証結果が得られたとのこと。

NEXCO

分析対象となったのは東北道、関越道、常磐道、東関東道、東名高速、新東名高速、九州道の7高速道路で、将来的にこれらの一部区間で最高速度が引き上げられる可能性があるようです。

ちなみに最高速度引き上げの対象として想定されるのは、見通しが良く、本来の設計速度が120km/hであることや、事故発生が少ないこと、実勢速度との差が大きく、渋滞発生が少ないことなどの条件を満たす区間。

一方で、警察庁が高速道路利用者を対象に行ったアンケートによると、最高速度が上がると車両間の速度差が大きくなるため、40%の人が不安に感じると回答しているそうで、警察庁ではそうした声に対する対応を検討しているそうです。

『交通取り締まり』の最新記事
覆面パトカー
N国党・立花党首のスピード違反で話題の「追尾式取り締まり」、そのやり方を警察官が法廷で証言!
警告看板
オービスの手前に必ず警告看板がある理由とは!?最新の可搬式オービスで警告看板はどうなる?
正体判明!最新のレーザー式速度測定機LSM-200はオービスではなくネズミ捕り用だった!!
各部の名称
新型コロナの影響が飲酒運転取り締まりにも!使用を指示されたアルコール感知器の値段は税込1万8375円
新型オービス
新型オービスの将来を占う超重要裁判!45キロ超過のスピード違反取り締まり、その測定値は正しかったのか!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事