マツダの新世代商品群にミニバンがない理由とは?

2012年のCX-5を皮切りに、アテンザ、アクセラ、デミオそして2015年のロードスターまで、スカイアクティブテクノロジーを搭載したマツダの新世代商品群は勢揃いしました。

メインカット

ボディタイプもコンパクトカーからSUV、コンパクトセダン、ミディアムセダン、オープンカーと多彩なラインナップとなっています。

しかし、一つ足りないのはミニバン。マツダにはプレマシー、ビアンテ、MPVとミニバンは3モデルありますが、フルモデルチェンジの噂もありません。それはなぜでしょうか。

KODO PHOTO003

その理由の一つはデザインです。ロードスターをはじめとした新世代商品群は魂動デザインが採用されています。魂動デザインの特徴としては、そのカタチから命を宿したものだけが放つ、一瞬の動きや美しさを表現することです。表現方法の一つがボディサイドに走る躍動的なラインとボディのうねりです。

この魂動デザインの不可欠なこの躍動的なラインやボディのうねりはスライドドアを採用するミニバンでは表現できないというのが、ミニバンが継続販売されている理由の一つとなっています。

もし、魂動デザインを採用したミニバンを出そうとしても、スライドドアのレールの位置を大幅に修正しなければならず、コストが膨れあがってしまうのです。

PHOTO005 PHOTO006

フルモデルチェンジは難しいかもしれませんが、エンジンやミッションをはじめ、より多くのスカイアクティブテクノロジーのエッセンスを注入することで、進化するのは間違いないはずです。

プレマシー、ビアンテ、MPVも他のモデルと同様にアップデートされたクルマに乗ってみたいですね。

(萩原文博)