【東京オートサロン2016】レクサス・LXとRXの個性化を見届けろ!

昨年、レクサスからは2台の新型SUVがデビューしました。

1台はフルモデルチェンジした新型RX、そして新規モデルとなるハイエンドSUVのLXです。そんなレクサスの新型SUVを早くもカスタマイズしているのが、トヨタ直系のカスタマイズファクトリーであるモデリスタ。

今週末の東京オートサロンでは同社のブースにカスタマイズ車両が展示されます。

20160110TasModellistaTRD001

LX用アイテムの開発コンセプトは「Pride of the King―頂点に君臨する王者のドレスコード―」。

エアロキットはフロントスポイラーとリヤスタイリングキット(リヤスカート&スポーツマフラー)。塗装済みセットで30万2000円(単品販売や素地も設定)。

20160110TasModellistaTRD005 20160110TasModellistaTRD006

程よくスポーティ感を演出しながら、メッキを効果的に使ってレクサスらしいプレミアム感をさらに昇華させているのがいいですね。

20160110TasModellistaTRD004

また21インチのタイヤ&ホイールはセンターにレクサスのエンブレムが入り、タイヤの空気圧情報を車両に送るTPMSバルブを備えるなど純正同様の雰囲気と機能性を確保。それでいながら純正品とは異なるデザインでさりげなく個性化をはかれます。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事