【アメ車は日本で売れないのはなぜ?】アメ車の燃費は意外に悪くない!?

アメ車(アメリカ産のクルマ、アメリカブランドのクルマ)というと、大柄で大排気量で燃費が悪いというイメージがあります。しかし、近年の環境志向を無視しているわけではなく、いまどきのアメ車はイメージほど燃費は悪いとはいえません。

たとえば、日本で人気のアメ車である「ジープ・チェロキー」。その上級グレードとなる「トレイルホーク」は、アメリカブランドのガソリン乗用車として初めて日本のエコカー減税対象となっているほどです。パワートレインは3.2リッターV6+9速ATで、JC08モード燃費は10.3km/L。その絶対値はさほど良いといえないかもしれませんが、車重が2010kgもあると思えば、かなりの好燃費です。

車重2040kgのトヨタ・ランドクルーザープラドと比べてみましょう。プラドは2.7リッター4気筒エンジンなのに、モード燃費は9.0km/L とチェロキーより燃費性能に劣っているのです(プラドのトランスミッションが6速ATと不利なのもありますが)。

ちなみにメーカー希望小売価格は、チェロキー・トレイルホークが510万3000円、プラドの2.7Lガソリン車は380万2582円~469万6037円。イメージほどの価格差もないのでは?

チェロキーのV6エンジンはレギュラーガソリン仕様なので、ランニングコストも輸入車としては抑えめとなっています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事