10代目のホンダ・シビックが北米でカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!

2016年3月にクーペを追加設定する予定の新型シビック、1.5リッター・ダウンサイジングターボを積み、ロングノーズ&ファストバックスタイルとするなど、従来までのシビックから大きく変身した10代目モデルがカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

2016_Honda_Civic_Wins_North_American_Car_of_the_Year_Award___2

といっても日本の話ではなくアメリカでの話題。毎年恒例となっている、デトロイトモーターショーにおいて発表される『ノース・アメリカン・カー・オブ・ザ・イヤー』は53名のジャーナリストによって決められる賞で、シビックとしては二度目の受賞となります。

北米向けに開発された10代目シビックは、スタイリングなども彼の地でのニーズに合わせたものですが、もちろん生産拠点も北米。そうした市場への最適化が評価されたといえそうです。

 

(山本晋也)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事