ハイブリッドにもエアロ仕様が登場したノア&ヴォクシーの足元が実は凄い!

いま、車名別にみると日本でもっとも売れているミニバンはトヨタ・シエンタ。しかし、「車名」ではなく「同一ボディ」として考えればトップは別のクルマだったりします。しかも激しく差のつく勢いで。

それがトヨタの「ヴォクシー」「エスクァイア」「ノア」3兄弟。

3台を合計した2015年の販売台数は20万5545台(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会によるデータ)で、ミニバンの中では断トツ。

これは普通車の年間販売台数トップのアクアにわずか1万台の差。あのプリウスでさえ2015年の年間販売台数は12万7403台なのですから、3兄弟での合計とはいえそれより約10万台も多いというのだから見事です。

実はプリウスはフルモデルチェンジ前で前年(2014年)比約70%の販売状況だったんですけど、まあそれは置いといて。

noah1401_01_S

というわけで、6日に発表されたヴォクシー/エスクァイア/ノアの一部改良。クリッカーをはじめとするニュースサイトでは「Toyota Safety Sense C」と呼ぶ自動ブレーキの採用が最大の注目ポイントと書かれ、それに関して異論はありません。今ドキの注目アイテムだし、僕も新車を買うんだったら絶対に欲しいですからね。

ただ、それ以外にも大きなニュースがあったので、今回はそっちに注目してみましょう。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事