スバル・アイサイトの「もっとも身近なモデル」は、走りの満足度も高い!

スバルのクルマといえば、水平対向エンジンを搭載していること、そして左右対称レイアウトのシンメトリカルAWDのバランスに優れた走りが美点とされていますが、最近では業界をリードする性能を持つ先進安全技術「アイサイト」が、ブランドのストロングポイントとなっています。

最新世代では、カラーステレオカメラを使った「アイサイトver.3」となっていますが、スバル全車で「アイサイト」を選べるかといえば、そうではなく、車種(グレード)によっては設定がないこともあるのです。

その理由は、追従クルーズコントロールとのマッチング作業を車種ごとに行なう必要があるからで、機能部品をポンとつければいいというわけではない難しさがあるといいます。

imp16_eyesight001

とはいえ、スバルの開発陣は着々とアイサイトの適用を広げています。

最近では、インプレッサのエントリーグレードといえる1.6リッターAWD車に、アイサイトを新設定したことが話題となっています。

今回、そのアイサイトを初搭載したインプレッサの1.6リッター車に乗ることができました。試乗したのは、レザーステアリングやメッキドアハンドル、キーレスシステムを装備した特別仕様車「インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSightプラウドエディション」です。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事