新型トヨタ プリウスを狙うなら「E」グレード? 気になる車両価格はこうなっている!

市場情報によればグレード体系と車両価格は以下のようになっています。

TOYOTA_PRIUS

■2WD/FF(数値の単位は全て円)

E:2,429,018
S:2,479,091(ツーリングセレクション:2,628,327)
A:2,777,563(ツーリングセレクション:2,926,800)
Aプレミアム:3,107,455(ツーリングセレクション:3,199,745)

■4WD/E-Four

S:2,673,491(ツーリングセレクション:2,822,727)
A:2,971,963(ツーリングセレクション:3,121,200)
Aプレミアム:3,301,855(ツーリングセレクション:3,394,145)

新型プリウスには改良版のリチウムイオン電池とニッケル水素電池がグレード別に搭載されており、FF系では最廉価グレードの「E」と上級の「A」、「Aプレミアム」(共にツーリングセレクション含む)がリチウムイオン電池仕様になっています。

TOYOTA_PRIUS TOYOTA_PRIUS

販売店情報によると、この仕分けは重量が多めのグレードに軽量なリチウムイオン電池を、比較的軽量なグレードにはニッケル水素電池を組み合せているそうです。

そうした理由からニッケル水素電池搭載モデルはFF系では「S」グレード(ツーリングセレクション含む)のみということに。(但し4WD系は全てニッケル水素電池)

そこで燃費を重視するなら、装備などを簡素化しつつ約16kg程度軽量なリチウムイオン電池を搭載、唯一“40km/L”の燃費を達成した燃費スペシャルグレードの「E」を狙う手も。

TOYOTA_PRIUS

外観はアルミホイールを18~19インチにインチアップすればAグレードに見劣りすることもありません。(画像は筆者による合成)

TOYOTA_PRIUS TOYOTA_PRIUS

これに安全装備として「E」グレード向けにも用意されているオプションメニュー“トヨタ・セーフティ・センスP”(+86,400円)を追加すれば十分かも。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。