トヨタが遠隔拠点との車両情報共有で3D‐VRシステムを導入

近年、クルマが持つ機能の高度化・複雑化に伴い、新車の市場投入に際し、その特長や構造をわかりやすく関係者に伝えるための「教育」が重要なテーマになっています。

そこで、トヨタ自動車(以下トヨタ)では、世界中に点在する関係拠点がいち早く商品への理解を深め、顧客サービスの向上に繋げるため、iSiD(電通国際情報サービス)と共同開発した「遠隔地3D車両情報共有システム」を導入することにしたそうです。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事