【東京モーターショー15】ヒト型ロボットを搭載し自律走行するバイクがヤマハブースに登場

モビリティだけでなく、楽器との「ひとつのヤマハ」を言及し、始まったプレスブリーフィング。モーターサイクル、電動アシスト自転車、四輪車などワールドプレミアモデルを含む全20モデルを出展しています。

yamaha_05

楽器つながりからブースはオーケストラをイメージしたもので、登壇した柳 弘之社長は、ブランドスローガンの「Revs Your Heart」とともに「ヤマハのもの作りは人機官能を掲げていて、あらゆる現場で定量化しながら作り込む」とこだわりを披露していました。

yamaha_04

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。