【Audi A3 Sportback e-tron試乗】アウディから日本初上陸のPHV、価格564万円の価値はどこにある?

先日、フォルクスワーゲン・ゴルフGTE、BMW X5と輸入ブランドからプラグインハイブリッド車(PHV)の日本導入が発表されたばかりですが、本日10月7日、アウディから日本初お披露目となるPHV、Audi A3 Sportback e-tronが発表されました。

 20151006Audi A3 e-tron

世界中で省燃費、環境への対策が問題になっていく中、パワーユニットとして渦中のディーゼルも必要なパワーユニットですが、PHVも重要な役割を締める一つだと目されています。

20151006Audi A3 e-tron_028 20151006Audi A3 e-tron_032

ディーゼル問題について、アウディジャパン広報部長の丸田氏は「ディーゼルエンジンに関する報道で、先週発表させていただいていますが、問題の車両の正規輸入はないので、日本のお客さんには該当しません。ですが、海外ではアウディは該当していますので、多大なご心配をおかけしている点については申し訳ないです。グループとして原因を究明して、お客様の信頼を失うことないようにしていきたいと思います」と述べました。

さて、アウディA3 Sportback e-tronはEVモードで52.8km走行が可能であり、JC08モードでリッター23.3kmとなっています。8.7kWhのバッテリーを満充電するのに200Vで約3時間、100Vで約9時間かかります。

20151006Audi A3 e-tron_015

0-100km加速が7.6秒、EV最高速度130km/hとこの辺はゴルフGTEとほぼ同じです。

価格は564万円、最大で61万円の補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費)を受けることができ、エコカー減税も適用されます。アウディのラインアップの中では高価と言える価格帯ではありませんが、ゴルフと同じくらいのコンパクトなサイズからしては、安くはありません。では、その価格に対する価値はどこにあるでしょう?


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事