スーパー耐久でデミオディーゼルがフィット、ヴィッツを走りで抜き去った!

9月5、6日に岡山国際サーキットで開催されたスーパー耐久シリーズ2015 第5戦 「スーパー耐久レース in 岡山」。

008

今回の岡山戦ではエコカーのクリーンディーゼルSKYACTIV-Dを搭載したレーシングカー「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」の速さが光るレースとなりました。

009

チューニングを軽量化からECUチューンに移行し、前戦オートポリスでも光る速さを見せたデミオディーゼルですが、そこから格段の進歩を遂げての岡山戦。

速さに手ごたえを感じたチームが最も期待を寄せていたエースドライバー谷川達也選手によるBドライバー予選。タイヤも温まってきて、さぁこれからアタックラップに移行するぞというタイミングで、なんとミッショントラブル発生。

016 017

予選終了とともにピットに運ばれてきたマシン。チームは即座にミッション交換作業に入ります。その作業は予選日の夜遅くにまで及びました。

 019

予選そのものはミッショントラブルまでのタイムで基準には達していたため有効となりましたが、アタックをしていないタイムであったため、最後尾からのスタートとなりました。今期5度目の最後尾スタート。

005

決勝レースは雨という天候のためにウェットコンディションとなりますが、そんな状況を跳ね飛ばす光景を、岡山国際サーキットにいた全員が目の当たりにすることとなるのです。

002

スタート周で90ヴィッツ勢を抜き去り、3周目には19号車、2号車という強豪チームのFIT3をも抜き去ります。そして4周目。前戦でチャンピオンを決めた69号車までも捉え、そして抜き去ってしまうのです。

003

69号車のFIT3を抜き去ったことで、デミオディーゼルは2位まで浮上します。そしてトップの11号車、130ヴィッツを追いかけていったのです。その勢いは、ひとつ上のクラスを走るGRMNヴィッツターボにまで仕掛けていくほど。

001

しかし急激に速くなったしわ寄せなのでしょうか。またしてもミッショントラブルで不動の状態となって、結果的にはリタイヤになってしまったデミオディーゼル。しかし走りきった16周はとてつもない速さを見せていたのです。

その後、野上敏彦チーム代表にお話をうかがったところ「雨に濡れて夏風邪をひいたレベル」のトラブルであったとのこと。既に解決策も考え付いているようです。そうなると次戦、10月24、25日に開催される最終戦の鈴鹿ではかなりの好成績を期待したくなります。

014

今回の岡山戦ではデミオディーゼルの走りが注目されたTeam NOPROですが、今回新しくなったレースクイーンの衣装にも注目が集まりました。

006

ピットウォークやグリッドウォークで注目を集めただけではなく、他のチームのレースクイーンがうらやましがるほどの注目ぶりを見せたこの衣装、Team NOPROとレーシングシュミレーターショップD.D.Rとのコラボで製作されたサイクルジャージの元に、レースクイーンの桜井さちちゃんが自らコーディネートしたというもの。

007

なお、このサイクルジャージは近日発売予定となっており、現在予約受付中とのこと。お問い合わせは下記のショップまで。

ものくろーばーおんらいんショップ
http://shop.monoclover.com/products/detail.php?product_id=278

009

急激にかなりの完成度を見せてきたクリーンディーゼルエコカーのレーシングカー「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」。最終戦鈴鹿ではいよいよ表彰台に登ることができるのか?10月24、25日に開催される最終戦の鈴鹿は大注目です。

(写真・文:松永和浩)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事