お値段いくら?日野自動車の最新大型路線バスが登場!

バスのハイブリッド化を早くから推進し、自社でエンジン開発をしている日野自動車から、9月1日にディーゼル仕様の「日野ブルーリボン」が、ハイブリッド仕様の「日野ブルーリボン ハイブリッド」が12月1日にリリースされます。

hino_blue_ribbon_01

今回のモデルチェンジでは、エンジンのダウンサイジングエンジンとAMT(機械式自動変速機)の採用が注目点です。

なかでも「日野ブルーリボン ハイブリッド」は、EV走行も可能な新ハイブリッドシステムを搭載することで大幅に燃費を向上。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事